患者の権利と責務

患者の権利と責務

医療とは医学の社会的適応であるといわれています。実際に医療の行われる場では、患者さんと医療提供者とが相互の信頼関係を努力して作り上げ、健康を目指していくものであると考えています。

東京さくら病院は、「あんしん」と「まごころ」の医療をめざし、①患者権利の尊重、②医療の質の向上、③思いやりの精神を理念と基本方針に医療の提供を行っています。患者さんの基本的な権利を明文化するとともに患者さんに生じる責務を定め、「患者の権利と責務」としてここに制定します。

患者の権利

  1. 1. 人間としての人格を尊重され、良質な医療を公正に受ける権利があります
    患者さんはだれでも、検査や治療に関して一人の人間として人格を尊重され、安全かつ適切な医療を公正に受ける権利があります。
  2. 2. 十分な説明と必要な情報を受け取る権利があります
    患者さんはだれでも、検査や治療の必要性と危険性について十分な説明と情報を受ける権利があります。
    また、代わる他の治療方法の有無などについても情報の提供を受ける権利があります。
  3. 3. 自らの意思で選択・決定する権利があります
    患者さんはだれでも、受ける検査や治療を自己決定する権利があります。また、望まない医療を拒否する権利があります。
    そのため、自らの診療情報の開示や他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
    また、自分から医療機関や医療者を自由に選択する権利があります。
  4. 4. 個人情報やプライバシーが保護される権利があります
    患者さんはだれでも、診療過程で生まれる自らの個人情報とプライバシーが守られる権利があります。

患者の責務

  1. 1. 正確な情報を医療提供者に伝える責務があります
    患者さんはだれでも、医療提供者に的確な判断をしてもらうため、自らの健康に関する情報をできる限り正確に伝える責務があります。
  2. 2. 疾病に関して医療提供者と協力して真剣に取り組む責務があります
    患者さんはだれでも、検査や治療について医療提供者と協力して意欲を持って取り組む責務があります。
  3. 3. 医療環境づくりに協力する責務があります
    患者さんはだれでも、他のすべての患者さんが医療を公正に受けられるよう、病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。
  4. 4. 社会的ルールを守る責務があります
    患者さんはだれでも、保険制度のルールを遵守し、医療費を適正に支払う責務があります。
Site Map
HOME

close ×

病院理念のもと、職員一同、
誠心誠意対応させていただきます。

患者権利の尊重
患者様ひとり一人の価値観を尊重した医療を提供します
医療の質の向上
安心で安全な治療を行えるよう常に質の高い医療技術の習得に心がけます
想いやりの精神
あんしんとまごころの医療サービスを行えるよう想いやりの精神を大切にします