東京さくら病院 お知らせ

東京さくら病院 中国人ナースが表彰されました。

2020年3月30日

東京さくら病院に約1年前から勤務している中国人ナースが、東京都の駅で治療が必要な男性に勇気ある救護活動を行ったとして消防署より表彰を受けました。
桐和会グループ広報部隊によるインタビューを掲載致します。 ロビンさん表彰02.jpg 中国の伝統ある教えが行動に繋がったようですーー。

Q:現場はどのような状況だったのでしょうか?
A:電車に乗っていてある駅で停まった時、人が集まっていたのではじめはケンカをしているのかな?と思いましたが、人が倒れているのが見えました。すでに駅の係員さんが処置をしていましたが人が少なくて。咄嗟に、「行かなくてはいけない!」と思いました。私のあとに現場に駆け付けた近くの病院の看護師さんと2人で心臓マッサージをしました。

Q:瞬時に行動に移せるのがやはり看護師さんですね。
A:東京さくら病院に来る前は中国で4年間大学病院に勤務しており、厳しい環境だったので鍛えられたのかもしれません。突然の出来事を怖いと思わず対処できるようになりました。

Q:これまでにも今回のように街中で人を助けたことはありますか?
A:実は昨年、こんなことがありました。横断歩道の信号が変わる直前に、大きなリュックを背負ったご年配の女性が急いでこちらに向かって走ってきたんです。「大丈夫かな...?」と思っていた矢先、私の目の前で倒れてしまいました。流血をしていたので一緒に近くのクリニックに行き、診察に付き添いました。結果は骨折だったのですが、それからしばらく経った今でも、おばあさんがリハビリの経過を連絡してきてくださるのです。定期的に連絡を取り合ううちに仲が良くなってしまって(笑)。手作りの小銭入れをいただいたので、私も中国のお菓子をプレゼントしました。

Q:表彰をされた今の気持ちを教えてください。
A:嬉しさよりも感動が大きかったです。自分の功績に感動したのではなく、人を助ける行為を大切にしている日本の文化に感動しました。わざわざ訪ねてまで表彰に来てくださるなんて、本当に素晴らしい文化だと思います。ですが、ここが日本でなく中国だったとしても、私は同じように行動したと思います。中国には『三字経』という有名な学習書があり、冒頭の"人之初 性本善"に"人間は元来善い者である"という意味があります。私はこの教えを信じているので、すべての人に平等に接したいし、困っている人がいれば手を差し伸べたいという気持ちでいます。

ありがとうございました。 ロビンさん表彰01.jpg
Site Map
HOME

close ×

病院理念のもと、職員一同、
誠心誠意対応させていただきます。

患者権利の尊重
患者様ひとり一人の価値観を尊重した医療を提供します
医療の質の向上
安心で安全な治療を行えるよう常に質の高い医療技術の習得に心がけます
想いやりの精神
あんしんとまごころの医療サービスを行えるよう想いやりの精神を大切にします